コンテンツとは?(後編) |スマホ対応の低価格ホームページ(Webサイト)作成代行サービス│First-Page(ファーストページ)
お電話でのお問合せ
050-3851-0739

コンテンツとは?(後編)

コンテンツ作りのコツとは「変に隠し事をしない」こと。きっちりと出し惜しみをせずに必要な情報を載せていくことが重要です。

 
そこで必要となってくるのが、散々言われている使い古された言葉ですが、「顧客目線」です。自分がそのサイトにきて、「購入を決定するまでにどういう情報が必要になるか」ということを関係者一同で考えることが大切です。

もう1つ、注意すべきポイントがあります。
Webサイトを作る側の人。(=画像を用意したり、文章を考えたりする、いわゆる企業側のWeb制作担当。※そういう肩書でなくてもWebを担当している人は大勢いますが。) そういう人たちが顧客目線が抜けがちになるのは、Webサイトを作っているうちに疲れてきてしまって、出来上がったWebサイトに対して「もうこれでいいや。」となってしまう傾向があります。これは担当者さんが不真面目とかではなく、本当に起こってしまうことです。

しかも自分が良いと思って作ったWebサイトなので、贔屓目でよく見えてしまうんです。ここにWebサイトに情報が出しきれなかったり、顧客目線が抜けてしまう落とし穴があるんです。
もう少し改善ができるポイントを見つけたとしても、「また自分が全部調整しないと…」「また自分が大変になってしまう…」ってなってしまったり、 作り直すにしてもコンテンツを用意する上で他の部署の人から情報や素材などをもらってこなければならず、いわゆる社内調整が発生してしまう状況になったりなどで、 一度完成したWebサイトをまた作り直すことはとてもハードルが高かったりします。

また担当者がWeb制作に慣れてしまうと、「顧客目線」がなくなってしまい、ユーザビリティが悪いことに気が付かないまま制作が進んでいくということもあります。 制作した本人はどこにどの情報があるのかわかっていても、初めてサイトを訪れた人にとってはどこにどの情報があるのかわかりにくくなってしまっていることが多いです。

ここに矛盾が発生してしまうポイントがあるのですが、コンテンツ作りにおいて大事なポイントというのは「顧客目線」を忘れずに、自分以外の人からの意見もきっちりと取り入れていく、ということです。
それで修正や追加をしていくことが重要です。

サイトに始めて来た人に対して「情報」を、「わかりやすく」配置してあげることが大切です。