コンテンツとは?(前編) |スマホ対応の低価格ホームページ(Webサイト)作成代行サービス│First-Page(ファーストページ)
お電話でのお問合せ
050-3851-0739

コンテンツとは?(前編)

SEOのところでもコンテンツについて少しお話しましたが、ホームページにおけるコンテンツは「何を伝えたいか?」が大切になります。

 
ホームページを作る場合、いろいろな目的があると思います。
ご自身の趣味に関して情報発信をしたり、ビジネスについてのホームページであったり。
1st-Pageは企業向けのサービスとなるので、今回は企業のホームページにおけるコンテンツについてお話をしたいと思います。

「ホームページのコンテンツ」をすごく簡単にいうと、「企業が売りたいもの・やっていることをすべて表す」ことが理想だと言われています。
自分たちの売りもの、売りものにまつわる考え方やポリシーなど、外部に向けて発信ができるものをすべてのせることがホームページにおける「良いコンテンツ」であると言われています。

昔のWebサイトは「インターネット上の看板」という役割が大きかったのですが、現在では、インターネット速度の向上やスマートフォンの普及など、によって技術の進歩・環境の変化にともなって、ホームページに求められる要素が変わってきました。 変わってきている役割の中で、ホームページを見に来る人はいろいろな情報を求めてきています。

現在では「こんな商品を売っています」だけではお客様が満足することはなくなっています。
商品がいくらなのか、通販であれば何日くらいで届くのか、商品の特徴やメリット、他のユーザーからどんな評価をされているのかなど、良い意味でも悪い意味でも、ホームページに対するお客様の要求はエスカレートしてきているといえます。
そのエスカレートしている中で、ホームページにおけるコンテンツは、売りものであったり自社の情報というものを出来るだけのせることがホームページにおける大事なポイントとなります。

なぜそこまでしないといけないかというと、「消費者がそこまでの情報を求めているから」、という答えになります。
例えば競合しているA社とB社があったとして、A社はホームページにきっちり情報がのっていて、B社がホームページが全然充実していない、という状況であれば、どっちから商品を買う気になるかといえば、、、明白ですよね。ホームページにのっている情報が多いほうが選ばれます。

宣伝予算がたくさんあって、TVCMなどをバンバンだしているような商品・サービスですとホームページに来た時点である程度の興味や購入意欲を持っているお客様が多い、という企業であれば別ですが、、、そんな企業はほんの一握りです。
広告・プロモーションにつかえる予算が少ない企業の場合、ビジネスをきっちり進めていくためにはホームページのコンテンツを充実させていくことが重要になってきます。

コンテンツ作りのコツというと、もちろん業種によって違いはありますけども、共通して言えることは「変に隠し事をしない」ことです。
一昔前はは問い合わせを増やしたいという理由で「値段はお問い合わせをしてほしいから書きたくない」という考え方のホームページが多い時期がありました。


後編につづく…