SEOの基本(後編) |スマホ対応の低価格ホームページ(Webサイト)作成代行サービス│First-Page(ファーストページ)
お電話でのお問合せ
050-3851-0739

SEOの基本(後編)

前編ではSEO対策として「GoogleのSEOポイントをおさえること」とお話しました。後編では、具体的にどんなポイントをおさえればよいのかをお話したいと思います。

当然HTMLの書き方は重要ではありますが、まずはホームページの中にコンテンツがしっかりとあること、そして画像とテキストがバランス良く配置されていること、です。

昔はキレイに見せるために画像だけのWebサイトなんかもありましたが、画像だけだと検索エンジンからクロールされにくいため、あまり意味がありません。そうすると大事になってくるのはホームページの中のコンテンツがしっかりと書かれていること、そのコンテンツをきっちりとしたHTMLの文法に当てはめて、テキストを入れ込んであげること、です。細かい例ですが、リンクのテキストがあったとして、メニューと書かれたリンクをクリックした時に、リンク先がクーポンの情報だったとします。サイトを見に来た人は「メニューの情報が欲しかった」のに表示されたのは「クーポンの情報」だったということは、ほしい情報が正しく表示されていないサイトということになります。

こういった点をGoogleは厳しく評価するんですね。リンク先のページに、リンク元のテキストリンクの文言と関連した情報がしっかりあるか、これがすごく大事です。これをテクニカルな言い方をすれば、「メニュー」と書かれたリンクをクリックした際に、リンク先ページのタイトルタグに「メニュー」と記載されていることや、そのページの本文にテキストにメニューや関連する情報が入っているかといった点が大切です。これはテクニカルな部分でもありますが、コンテンツに係る部分でもあります。いわゆるユーザビリティやアクセシビリティというやつですね。アクセスした人は特に意識することなく、自然と自分がほしい情報にたどりつきやすい動線・構造・リンク関係になっていることが大切です。

ここまで来ると、「現在のSEO対策としては、この2つを1つとして対策を考える必要がある」と言った意味が少しわかって頂けるかと思います。きっちりとしたHTMLだけの問題ではなく、コンテンツが連動していなければならない。という点が非常に大切です。

キーワードの選定ポイント、競合性や検索ボリューム等ということで考えると、どのようなサイトを作るかという点に依存する部分は多いのですが、競合が多いキーワードというのは当然、検索ボリューム(検索される回数)が多いキーワードということになりますが、その分、競合するサイトもたくさんあるのでなかなか順位が上がりにくいです。

では競合がほとんどいないキーワードにすればいいのかといえばそうではありません。「競合がほとんどいない」ということは「ほとんど誰も検索をしないキーワード」ということになり、そんなキーワードで上位にはいったとしても、ぜんぜんアクセスが来ないという結果になってしまいます。

新しく作るホームページのキーワードの選定ポイントを考えると、やはり1つのキーワードだけでは難しいです。検索ボリュームがある程度見込める複数のキーワードを選定し、そのキーワードをページ内にしっかりと入れ込んでいくことが大事になります。

選定のコツは別の機会にお伝えできればと思います。