SEOの基本(前編) |スマホ対応の低価格ホームページ(Webサイト)作成代行サービス│First-Page(ファーストページ)
お電話でのお問合せ
050-3851-0739

SEOの基本(前編)

SEO(検索エンジン)対策は、大別すると2パターンに分けられます。1つは「テクニカルな対策」。もう1つは「コンテンツ面での対策」です。

「SEO対策」で検索すると、テクニカルなやり方が多く出てくると思います。

「テクニカルな対策」と言うのは、例えばHTMLの書き方であったり、検索エンジンにクロールされやすい(検索エンジンのロボットが見つけやすくする)対策であったり、被リンク(外部のサイトからリンクを貼ってもらう)などが、技術的な対策が多いです。

もちろん、こちらの対策も大切になります。ただ、今のGoogleの検索エンジンに関して言うと、テクニカルな対策だけでは十分とは言えなくなっています。
10年位前のSEO対策であれば、metaタグ(※metaタグの説明が必要?)の中に関連しそうなキーワードをたくさん入れることで検索エンジンに引っかかりやすくしたり、白いページに白い文字で見えないようにテキストを山ほどいれて検索エンジンに引っかかるようにする、なんてことをやっていました。もちろん、褒められたものではないのですが(笑)

ところが近年ではgoogle側もそういったサイトへの対策をしており、10年前のやり方では上位に表示されなくなりました。metaタグのキーワードについてはほとんど効果を持たなくなっています。

つまり「テクニカルな対策」だけでSEO対策を行うのは最近では非常に難しくなっているということです。

先ほどSEO対策には「テクニカルな対策」と「コンテンツ面での対策」の2つがあると言いました。SEO対策を考える上で「テクニカル」と「コンテンツ」を分けて考えること自体は非常に重要ですが、実際の現在のSEO対策としては、この2つを1つとして対策を考える必要があります。

SEO対策ということで考えていくと、まず1つにgoogleのポイントをおさえることです。

非公開ではありますが、Googleの検索エンジンの「検索アルゴリズム」と言われる検索順位を決める考え方・仕組みは、年々変わってきています。

ただアルゴリズムが変わっても1つだけ変わらないポイントがあります。

「情報を欲しがっている人が、その情報にたどりつきやすいこと。たどりついたWebサイトにちゃんとその情報がちゃんと載っていること。」この点がとても大事なポイントです。

細かいアルゴリズムの変更は行われていることは事実ですが、この点だけは変わらず、近年ますますその傾向が強くなり、なおさらこのポイントが重視されるようになったように感じます。

後編につづく…